Go to Top

Cabinet Maker: フリッツ・ハンセン

Fritz Hansen について

フリッツ・ハンセン|Fritz Hansen

北欧モダンファニチャーの金字塔。

アルネ・ヤコブセンをはじめ、北欧デザイナーズ家具の巨匠たちの豊富なコレクションをラインナップしている『REPUBRIC OF Fritz Hansen(リパブリックオブフリッツハンセン)』。
「北欧モダンファニチャーの金字塔」として、いまや世界のデザイナーズ家具界に君臨している『REPUBRIC OF Fritz Hansen(フリッツハンセン)』ですが、もともとは1872年、当時25歳の若き創業者が家具のパーツや部材を作るメーカーとして始まったのがきっかけでした。

『Fritz Hansen(フリッツハンセン)』北欧家具界のトップに押し上げるきっかけともなったのが、スチームによって木材にカーブを付けていく技術によって作られる「スチーム曲げ家具」。
今では北欧家具の代名詞ともなった「軽くて丈夫」なファニチャーの始まりはここにありました。

さらに、人間工学に基づく家具製作に特化していった『Fritz Hansen(フリッツハンセン)』は、コントラクト家具(公共施設用家具)にそのセンスを光らせ、公共施設やレストラン、空港などでずらりと並べられるチェアを次々と完成させていきました。機能性とデザイン性にこだわる『Fritz Hansen(フリッツハンセン)』の作品によって生み出される「集合美」は、まさに芸術的。

建築家とのコラボレーションによって誕生した名作も数多く、アルネ・ヤコブセンが企業のレストランのためにデザインした「アントチェア」や自身がデザインしたホテルのためにデザインした「エッグチェア」はその代表的作品です。
また近年では、新人デザイナーの登用も開始。歴史ある『Fritz Hansen(フリッツハンセン)』に新たな息吹を起こしています。

コスト削減・時間短縮の工業化を意識した「ファニチャーファクトリー」を掲げ大量生産している一方で、商品の仕上げには職人が一つずつチェックし手を施していることで70年代の北欧モダンファニチャーのもつ魅力的な温かい雰囲気はしっかりと守られています。
『Fritz Hansen(フリッツハンセン)』は、現在世界11カ国に直営ショールームを持ち、北欧で最も成功したファニチャーブランドとして世界中のファンたちから愛されて続けています。