Go to Top

Cabinet Maker: ゲタマ

GETAMA について

ゲタマ|GETAMA

1899年創業のキャビネットメーカー。

GETAMAは1899年創業のキャビネットメーカーです。

名前の由来は「Gedsted(工場があった街の名前)、Tang(海藻のテングサ)、Mattress(マットレス) 」の頭文字を取ったもので、もともとは海藻を詰め物にマットレスを製造する工房が始まりでした。

創業当時のベッド、マットレスはもちろん、家庭用のソファ、テーブル、オフィス家具に至るまで様々な製品を製造、中でも1950年代初頭にハンス・J・ウェグナーと共に商品開発を始めたことがきっかけでその技術は飛躍的に上がり、ロングセラーと言われるGE258・GE259などのデイベッド、GE290シリーズなど名作を世に生み出してきました。

木材の特性を味わえるシンプルなフォルム、繊細なカラーが豊富なファブリック、角が美しく丸く成形されたアームなど、日本の家屋にもすんなりと馴染むので愛用者も多く、チークなどの希少な木材で作られたものは、年々人気が上昇しています。