Go to Top

Cabinet Maker: ニールス・ボッダー

Niels Vodder について

ニールス・ボッダー|Niels Vodder

フィン・ユールのオリジナルを具現化した北欧の名門ブランド。

ニールス・ボッダー(Niels Vodder)はデンマークやドイツで体得した技術を活かし、名匠ニルス・ヴォッダーが1915年にコペンハーゲンで始めた家具工房。1936年から1950年代後半にフィン・ユールがデザインした家具を製造したことで知られています。

ユールの家具の制作は難易度が高く、この工房がなければ世にでなかったと言われています。またヴォッダー自身もデザインを手がけたほか、一時はアルネ・ヤコブセンらもデザインを提供しました。
工房は1970年代初めまで続きました。