Go to Top

Cabinet Maker: ルド・ラスムセン

Rud Rasmussen について

ルド・ラスムセン|Rud Rasmussen

1869年に設立されたデンマークで最古の家具工房。

Rud. Rasmussen's Snedkerier(ルッド・ラスムセン)は1869年に設立されたデンマークで最古の家具工房です。
王室御用達の高級老舗家具メーカーとしても知られているブランドです。

設立されてから135年間に渡り、家族経営の形態を維持し続けてきた工房は現在で4代目にあたるヨーゲン・ルッド・ラスムセンによってその歴史が受け継がれています。

創業当時から、建築家とキャビネットメーカーのコラボレーションによって生み出されてきた「 Rud. Rasmussen's Snedkerier(ルッド・ラスムセン)」の家具たち。1920年後期に建築家コーア・クリントやモーエンス・コッホとの提携が始まり、以後「サファリチェア」や「MKフォールディングチェア」はこのメーカーを象徴する2大チェアとなりました。

伝統の香りを残しながらも、現代に認められた個性的なコレクションたちは、「 Rud. Rasmussen's Snedkerier(ルッド・ラスムセン)」が世界のトップブランドである証として輝きを放ち続けます。