Go to Top

Designer: アルネ・ヤコブセン

Arne Jacobsen について

アルネ・ヤコブセン|Arne Jacobsen(1888-1954)

建築・デザインの天才、スカンジナビアンデザインの巨匠。

1902年2月11日、デンマーク、コペンハーゲン生まれ。

言わずとしれた、デンマークの建築・デザインの第一人者、世界的に有名なスカンジナビアンデザインの巨匠。
20世紀モダニズムを代表する建築家、ル・コルビジェ、ルードヴィッヒ・ミース・ファン・デル・ローエらの影響を受け、1930年に建築設計事務所を設立。
建築家としてもデザイナーとしても多数の作品を世に残し、その代表的建築としてデンマークの「ラディソンSASロイヤルホテル」や「デンマーク銀行」などがあり、後世のモダン様式の手本となっている。
機能主義をポリシーとした作品には余計な装飾をせず、使い手を第一に考えた、当時の家具の概念を一変するような斬新な名作家具を多数産みだし、中でも「セブンチェア」「エッグチェア」は特に有名。

また、家具以外にもステンレスのキッチンウェア等も世界で広く使われている。
傑出したデザイナーとして尊敬を集め、建築家として以上に、家具やその他のデザインにより評価され、作品はデンマークのみならず世界の文化遺産ともなっている。

代表作:

THE EGG エッグチェア