Go to Top

Designer: ボーエ・モーエンセン

Borge Mogensen について

ボーエ・モーエンセン|Børge Mogensen(1914-1972)

「美しくて良質な家具」を大衆にもたらした心優しきデザイナー。

1914年4月13日デンマーク、オルボー生まれ。
アルネ・ヤコブセン、ハンス・J・ウェグナーと共にデンマークの近代家具デザインにおける代表的なデザイナーの一人。

1934年に家具マイスターの資格を得て、家具職人としてのキャリアをスタートさせる。
デンマーク近代家具デザインの確立者であるコーア・クリント、モーエンス・コッホに師事。
1944年、友人のハンス・J・ウェグナーと共作で「スポークバックソファ」を発表。

1947年、シェーカー様式の椅子をリ・デザインした傑作「J-39」を発表。
ボーエ・モーエンセン の友人であった ハンス・J・ウェグナー の「Yチェア」の原型になったと言われている。

1950年に独立、設計事務所を開設する。
常に大衆を視点にデザインし、デンマークの家具デザイナーの中でも、ひときわ美しく丈夫で長持ちする家具をデザインし続けた。
アメリカのシェーカー家具やスペインの家具からその範をとり、今日の日常生活に使う堅実な椅子を残している。

代表作:

スパニッシュチェア、ハンティングチェア、J39

 

ボーエ・モーエンセン|Borge Mogensen のこぼれ話

マッチ箱で名作が誕生?!

ボーエ・モーエンセンの創作は昼夜を問わず、ひらめきも突然やってくることが多かったようです。
アイディアが湧いてくると、彼は思いついた端から、その時手元にあったものに書き留めていました。
マッチ箱、ナフキン、もみくしゃにされた封筒、、、、。
なんとあの名作「THE HUNTING CHAIR」も、夜遅く、マッチ箱の上でスケッチされて出来たそうです。
1950年代から1960年代、「時間を超越した美しくシンプルで良質な家具」を目指して多くの名作を生み出し、
「デンマーク人が手頃な価格で高品質家具を買うことを可能にした家具デザイナー」として最も広く認められた、
彼ならではの創作秘話です。