Go to Top

デザイナー一覧

Kaare Klint
コーア・クリント

Show Detail

1888年デンマーク・フレデリックスボル生まれ。
デンマークにおける近代家具デザインの第一人者。 
その研究と理念がデンマークモダンデザインの基礎になりポール・ケアホルムやボーエ・モーエンセン、アルネ・ヤコブセンなど数々の優れたデザイナーを輩出し、デンマーク家具の黄金時代の基礎を築いたことから「デンマーク近代家具デザインの父」と呼ばれている。 
人間工学を初めて家具デザインの分野に用い、人体寸法や生活用品から標準寸法を確立すること、歴史的な様式家具の中に、そのプロポーションの美しさを認め、装飾性を廃しシンプル化することでリ・デザインの考え方を広めた功績が称えられている。 
「サファリチェア」や「デッキチェア」、「レッドチェア」(別名「バルセロナチェア」)などは今もなお世界中で愛される名品である。 
show works  


Finn Jhul
フィン・ユール

Show Detail

1912年デンマークのコペンハーゲン生まれ。 
デンマークの近代家具デザインにおける代表的な人物。
1934年にデンマーク王立芸術アカデミーを卒業し、1935年、建築家のヴィヘルム・ラオリッツェンの事務所に勤務。1940年ペリカンチェアを発表。1945年独立して事務所を構える。
デンマークの建築家、家具デザイナーで、アルネ・ヤコブセン、ハンス・J・ウェグナーと共にデンマークの近代家具デザインにおける代表的な人物である。
show works  


Hans J. Wegner
ハンス・J・ウェグナー

Show Detail

1914年4月2日、デンマーク、南ユトランド・トゥナー生まれ。 
世界的な名声を得たデンマークを代表するデザイナーの一人。家具作りアーティストにして、家具デザイナー。 
生涯で500種類以上の椅子をデザインし多数の賞を受賞、20世紀の北欧デザイン界に多大な影響を与えた。その作品はニューヨーク近代美術館を始め、多くの公共機関にコレクションされている。
幼少期に木彫り彫刻に強く関心を持ち、13歳で家具工房で手工芸技術を修業、17歳の若さで職人資格を取得。その後コペンハーゲン美術工芸大学で学ぶ。1940〜43年アルネ・ヤコブセンらとオルフス市庁舎を設計した後、自身のスタジオを設立し椅子制作に専念する。
show works  


Borge Mogensen
ボーエ・モーエンセン

Show Detail

1914年4月13日デンマーク、オルボー生まれ。 
アルネ・ヤコブセン、ハンス・J・ウェグナーと共にデンマークの近代家具デザインにおける代表的なデザイナーの一人。
1934年に家具マイスターの資格を得て、家具職人としてのキャリアをスタートさせる。 デンマーク近代家具デザインの確立者であるコーア・クリント、モーエンス・コッホに師事。1944年、友人のハンス・J・ウェグナーと共作で「スポークバックソファ」を発表。
1947年、シェーカー様式の椅子をリ・デザインした傑作「J-39」を発表。 ボーエ・モーエンセン の友人であった ハンス・J・ウェグナー の「Yチェア」の原型になったと言われている。
show works  


Arne Jacobsen
アルネ・ヤコブセン

Show Detail

1902年2月11日、デンマーク、コペンハーゲン生まれ。
言わずとしれた、デンマークの建築・デザインの第一人者、世界的に有名なスカンジナビアンデザインの巨匠。
20世紀モダニズムを代表する建築家、ル・コルビジェ、ルードヴィッヒ・ミース・ファン・デル・ローエらの影響を受け、1930年に建築設計事務所を設立。
建築家としてもデザイナーとしても多数の作品を世に残し、その代表的建築としてデンマークの「ラディソンSASロイヤルホテル」や「デンマーク銀行」などがあり、後世のモダン様式の手本となっている。 機能主義をポリシーとした作品には余計な装飾をせず、使い手を第一に考えた、当時の家具の概念を一変するような斬新な名作家具を多数産みだし、中でも「セブンチェア」「エッグチェア」は特に有名。
show works  


Mogens Koch
モーエンス・コッホ

Show Detail

1898年デンマーク・コペンハーゲン生まれ。
1921年王立美術大学建築学科を卒業。卒業後からの9年間を建築家カール・ピーターセンやコーア・クリントのもとで働く。ここでコーア・クリントのデザインについての考え方に、強く影響される。1934年自身の事務所を設立。
39年から母校の建築科で教鞭をとりながら、ルド・ラスムセン社やインテルナ社から様々な機能を持った家具をデザインし、数多くの名作を世に送り出している。また、1956年からはマサチューセッツ工科大学の、1962年には東京の産業工芸試験所の客員教授でもあった。
コーア・クリントに多大な影響を受けたとされる彼の作品には、モジュールを持つ棚や、ユニークな構造を持つ折りたたみ椅子など、建築家らしい発想の優れたデザインが多い。
show works