Go to Top

Designer: コーア・クリント

Kaare Klint について

コーア・クリント|Kaare Klint(1888-1954)

「シンプルな美しさ・人間工学」を確立したデンマーク近代家具デザインの父

1888年デンマーク・フレデリックスボル生まれ。デンマークにおける近代家具デザインの第一人者であり、独自の理念がデンマークモダンデザインの基礎になりポール・ケアホルムやボーエ・モーエンセン、アルネ・ヤコブセンなど数々の優れたデザイナーを輩出し、デンマーク家具の黄金時代の基礎を築いたことから「デンマーク近代家具デザインの父」と呼ばれている。 王立美術大学建築科でカール・ピーターセンに学び、名作ファーボーチェアもこの二人の共同設計により誕生している。1924年に王立芸術アカデミー家具デザイン学科を設立し初代教授に就任。人間工学を初めて家具デザインの分野に用い人体寸法や生活用品から標準寸法を確立すること、歴史的な様式家具の中に、そのプロポーションの美しさを認め、装飾性を廃しシンプル化することでリ・デザインの考え方を広めた功績が称えられている。

1922年建築家として独立し、その作品の大半をルド・ラスムセン社から発表している。 サファリチェアやデッキチェア、レッドチェア(別名バルセロナチェア)などは今もなお世界中で愛される名品である。

代表作:

サファリチェア(Rud Rasmussen's Snedkerier)

 

コーア・クリント|Kaare Klint のこぼれ話

クリントデザインの骨頂・サファリチェア

サファリチェアは、1933年、イギリスがアフリカ・インドを統治していたころに駐在軍が使用していたコロニアルチェアに感銘を受けてリ・デザインされたものです。組立式で道具を使わずに簡単に組み立てることができ、4本の脚の何処にも固定された所がないので地面がデコボコであろうと人が座れば安定し壊れません。 軍用椅子という機能重視・装飾性を徹底して廃したものの中に美しさを見つけ、リ・デザインしたところに、クリントが確立した理念の真髄が感じられます。