Go to Top

Cheiftain Chair by Sh EFTF(MAHOGANY): [フィン・ユール|ニールス・ロート・アナセン]

VH-Chieftain Chair

※2015年3月15日:この商品は完売しました。

このアイテムについて問い合わせる

*は必須項目

アイテム名 *

お名前 *

メールアドレス*

居住地 *

電話番号

お問合せ内容 *

メールアドレスに誤りがないか確認 *


フィン・ユールの代表的名作「チーフテン・チェア」。

 

この度、フィン・ユールのスピリットを直々に受け継いだNiels Roth Andersen(ニールス・ロート・アナセン)製作の大変希少な「チーフテン・チェア」が入荷いたしました。

 

VH-Chieftain-Chair

様々な工房を変遷・製作されてきたチーフテン・チェアですが、ニールスが愛用していたロゴ「Sh EFTF」(ソーレン・ホーンの後継者)がしっかりと刻まれたこの時代の「チーフテン・チェア」は、フィン・ユールデザインに最も忠実で美しく仕上がっており、ヴィンテージファンからも高い評価を受けています。

 

sh-eftf

 

VH-Chieftain-Chair

特徴は、背もたれの3つボタンとフレーム全体の繊細な仕上がり。

 

VH-Chieftain-Chair

フィン・ユールオリジナルデザインのチーフテン・チェアは、3つボタンとされており、歴代の名マイスターNiels Vodder(ニールス・ヴォッダー)、Ivan Schlechter(イヴァン・シュレクター)、そしてSh EFTFによる製作では3つボタンとなっています。

 

デザインした当初は4つボタンでしたが、フィン・ユール自身がその座り心地やデザインに難色を示し、3つボタンがベストであると指示したことで、フィン・ユールの考えるチーフテン・チェアの完成形がこの3つボタン仕様であるという逸話があります。

もちろん、フィン・ユール自身も3つボタン仕様のチーフテン・チェアを愛用してました。

 

また、先端の彫刻のような繊細なラインやどの角度から見ても堂々とうっとりとするようなフレームの仕上がりはニールス・ロート・アナセン製作ならではの美しさです。

 

希少なホンジュラスマホガニー製。フレームも座面も新品状態です。不定期でショールームに展示しております。

 

1脚限定販売となります。
売り切れの際はご容赦くださいませ。

※商品に関するご不明な点・ご要望などございましたらお気軽にお問い合わせください。

scandiiページで購入する

※ここで使用されている画像は実際の商品画像です。

ID : P500-Cheiftain-Sh-EFTF

Cabinetmaker : Niels Roth Andersen

Designer : フィン・ユール

Release : 1949

Price : 3,400,000円(税別・送料込)

Vintage status : ★★★★★